« さわやか | トップページ | そうめん »

2012年6月 7日 (木)

福島20キロ圏内

 
 
 
 
ブログ「ウンジュよ」に
 
 
記事アップしました
 
 
 
 
『ウンジュよ』ブログアドレス/http://ameblo.jp/kikokiko0164/entry-11271131473.html

6月 7, 2012 東日本大震災アニマルレスキュー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200964/54898546

この記事へのトラックバック一覧です: 福島20キロ圏内:

コメント

クーミン様
箱崎社長殿

言葉はいりません。見つかりません。
写真だけで思いは伝わってきました。

何も出来ませんが一日でも早い
復興を祈らずにはいられません。

投稿: carolyazawaーOM10 | 2012年6月 7日 (木) 22:17

難しいと思いますけれど、
一日も早い回復を願っています。

投稿: クール | 2012年6月 7日 (木) 20:42

クーミンこんばんはですheart01

福島20キロ圏内レスキュー
御苦労さまでしたsweat01

体の方は大丈夫ですよね?(放射線)

今日もおつかれさまでしたheart02

投稿: 末元 照治朗 | 2012年6月 7日 (木) 18:05

管理人様
すみません、文章のニュアンスですが「良かったのかな」とは否定文ではありませんですm(_ _)m
「出来て良かったと思います」という意味です。

m(__)m

投稿: かちゃ | 2012年6月 7日 (木) 17:54

こんばんはm(_ _)m

箱崎社長の
「生きている間に実家を再び見ることはないだろうと思っていた」というのはとても重い言葉ですね。
軽々しく言える立場ではありませんが、今回のアニマルレスキューの同行活動でご実家を見ることが出来た事は良かったのかなと思いますm(_ _)m

日本中にある「未来のエネルギー」のキャッチコピーもとても考えさせられます。
16年前に東北を廻るオートバイのツーリングで国道6号線をひた走り、福島第一原発が見えるとこまで立ち寄ったことがあります。
その場で一緒に行ったバイク屋さんのオヤジさんから原発の事を色々教わった事を覚えています。
その時に浪江町も通りました。
はっきりと覚えていませんが、その先の漁港で美味しいアジを頂きました。

久美子さんの言葉に表せないという想いに写真で感じました。

投稿: かちゃ | 2012年6月 7日 (木) 17:42

コメントを書く





絵文字を挿入