« ピンポンパンポ〜ン@管理人(オリジナルLIVE2011緊急開催編) | トップページ | RSD(CRPS)難病指定に関する署名活動のお願い »

2007年2月 1日 (木)

「アニマルレスキューチャリティーオークション」について

【ご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。】

~アニマルレスキュー支援チャリティーオークションについて~

 東日本大震災から2年が過ぎましたが、原発事故の影響で、未だに避難所生活を余儀なくされている住民の方がたくさんいらっしゃいます。

 避難所生活がこれほど長期になることなど誰一人として思うことなく、2、3日で帰れるだろうと着の身着のままの状態で、用意されたバスや自家用車で一斉に故郷を後に…

 その中には、大切なペットを他の方々の迷惑になるから…と、2、3日分の食べ物を置いて「少しの辛抱だから」と残してきてしまった方々が沢山いらっしゃっいました。

 そのペット達を震災後まもなく現地に入り、立ち入りが禁じられてからは許可を取って放射能と戦いながら、神奈川(寒川)に急遽設けた臨時シャルターまで連れて帰り保護し、現在もそのような活動を続けている団体の1つが、
(社)UKC JAPANです。

 震災直後は、犬、猫など800匹以上のペット達がシェルターにおりましたが、動物が飼える家に住むことが叶った飼い主の元へ無事に帰って行ったり、大場が一時預かりしている「ララ」のように飼い主さんのご意志で一時的に飼える方の所で預かってもらったり、飼い主が見つからない場合や病気などの理由で飼う事が出来なくなってしまった場合は、里親になってもらう家族を見つけたり…

 現在では、犬約200匹、猫約100匹までになりましたが、未だにこの数のペット達が臨時シェルターで保護され生活しております。

 人間ですら明日が分からないこの状況で、なぜペット?っとご指摘頂くこともございます。

 飼い主の方には、ペットが飼える家に入って、またあの日と同じように一緒に生活出来ることを夢見て、それを心の糧に仮設住宅から借り上げ住宅へ移れるその日が来るまで頑張っているという方がたくさんいらっしゃいます。

 実際に避難所生活からようやく借り上げ住宅へ入り、待ちに待った愛犬と再会という現場に立ち会わせて頂く機会がございましたが、あの時のじぃちゃんとばぁちゃんの笑顔、涙を忘れることは出来ません。
 
 ペットは、家族として、パートナーとして、仲間として…飼い主と密接に関わり共生してきた大切な「命」です。
 
 ペットを助ける事によって、救われる人間もたくさんいらっしゃるのだとこの目で見て確信して、微力ながらお手伝いを続けさせて頂いている大場です。

 UKCJAPANの活動を通して、
NPO法人ペット里親会の活動にも賛同し2匹(笑美&弦太郎)の里親にもなりました。

 
 UKCJAPANの300匹以上の毎日のペットフードだけでも凄まじい量です。

 全国からたくさんの支援物資も頂戴しておりますが、間に合わない物資などが出ると各々のサイトにSOSが出ます。その場合は不足物資をその都度送っているところです。
 
 
 毎日の運営は、ボランティアの方々のお力で代表を支える形で成り立っておりますが、常にフル回転の状態で人手も常に必要としております。足りない物資もまだまだたくさんございます。

 未曾有の大震災の3.11以降、自分も被災地へ協力したいのだが、一体どうやったらよいのか?と、お悩みになった方の声をたくさん聞きました。

 大場もその一人でしたが、UKC JAPANの被災地での活動を紹介しているテレビ番組を偶然見て、居ても立ってもいられず次の日には寒川の臨時シェルターでお手伝いしていた…、これが今日までの活動の始まりでした。

 チャリティーオークションという形でエトセトラファミリー皆さまに支援物資調達資金や寄付金のお願いをさせて頂くのは2回目になります。

【前回のオークション】
東日本大震災被災ペット支援チャリティーオークション&お食事会&事前チャリティーオークション参加方法のご案内です。
チャリティーオークション2012.3/31
アニマルレスキュー支援物資ご報告です 2012.5/20

 前回は、東京代々木のある店舗をお借りして、皆さまと実際にお会いしながらのチャリティーオークションで、たくさんのご支援ご協力を頂きましたが、同時に遠方の方々やお仕事の都合で参加出来ない方々から、何か別の参加方法はないものか?のご要望もたくさん頂きました。

 そこで今回は、大場久美子の“エトセトラ”上でチャリティーオークションを開催させて頂く運びとなりました。

 ボランティアをしたいのだが、どうすればいいんだろう?っとお考えの方々が、この機会を利用しご協力頂くことで、その第一歩を踏み出すキッカケになる事が出来るのであれば嬉しく思います。

 皆さまの温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。 

 オークションにて集まりました支援金は支援物資調達や寄付、ボランティア活動に全額充てさせて頂くことをお約束致します。

 
ただ支援金だけを集めるのではなく、何か形のある物をご協力頂きました方にお届けしたいということで、オークションの品々は、大場の記念ライブなどで着用した思い出の衣装やデビュー当時からの思い出の写真、グッズなどとなっております。

 大場久美子の思い出を楽しんで頂ける方、そして大場のアニマルレスキュー活動へご賛同いただけました方々のチャリティーオークションへのご参加を心からお待ち申し上げております。


有限会社オフィスキコ
大場久美子、箱崎 博、西水流陽介

オークションへ戻る←クリック

2月 1, 2007 東日本大震災アニマルレスキュー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200964/57034261

この記事へのトラックバック一覧です: 「アニマルレスキューチャリティーオークション」について: